こんにちは、奥田将視です。

 

100%目標を達成させる方法を知っていますか?

 

目標を立てても大抵の人は

3日坊主で終わります。

 

これは不可避でどうしようもないことなのです。

 

動物は変化を拒む生き物

なぜなら、動物は変化を拒む生き物だからです。

 

環境に適応できない動物は絶滅してきました。

 

恐竜はその一例です。

恐竜は一時期大繁殖しましたが、

気候の大きな変化により、絶滅してしまいました。。

 

人間も同様で変化することは死の危険を感じるように

プログラムされているため、

どうしても拒絶反応を起こしてしまうのです。

 

人間は、現状維持の方が安全だと

潜在的にプログラムされているのです。

 

そのため、目標を立てても三日坊主に終わることになるのですね。

 

変化するため必要なこととは?

予めプログラムされているので、変化するためには

潜在意識から変えていかなければいけないのです。

 

潜在意識とは、

氷山の水面下にある部分に例えられます。

海面から出ている部分が顕在意識で10%、

海面下にある部分が潜在意識で90%と思って下さい。

 

変化することは目標を達成するために必要だと

潜在意識に刷り込んでしていく必要があるのです。

 

どのように潜在意識に刷り込んでいくのか?

潜在意識に刷り込むには

目標を紙に書いて毎日読むことです。

 

毎日読むことであなたの潜在意識に働きかけ目標を現実化できるのです。

 

「眠りながら成功する」のマーフィーや

成功哲学のナポレオン・ヒルは、

潜在意識に音読やイメージすることで常に働きかけよと言っています。

 

紙に書くと実現するのは本当なのか?

私は、成功法則の本を何百冊と読みましたが、

紙に書くと目標が実現すると書いている本が多いです。

でも、紙に書くと実現しないと言っている人は皆無ですね。

 

よって、紙に書いた方が

圧倒的に成功する確率が高まるのは間違いないです。

 

紙に書くだけでなく、毎朝毎晩それを読みましょう。

そして、目標を潜在意識に刷り込むことにより、

目標を達成するように頭の中をプログラムし直していくのです。

 

網様体賦活系(もうようたいふかつけい) の効果

では、なぜ紙に書いて

毎日それを読むと実現するのでしょうか?

 

それは、網様体賦活系(もうようたいふかつけい) という脳の機能が働くからです。

 

普段意識しないと気が付かないことが

この網様体賦活

系により気がつくようになります。

 

たとえば車を買う前は、

他の人が持っている機種に全然興味がなく、

気にもなかったのに自分が車を買った途端、

人の車もすごく気になりだしたというようなことが起こります。

 

これが、網様体賦活系の効果です。

 

だから、自分が実現したい目標があれば、

紙に書いて毎朝毎晩読むようにしてください。

 

例えば、目標を「ネットビジネスで起業する」としましょう。

そうすれば、潜在意識がネットビジネスで起業する情報を探し出したり、

会社を辞めて独立するための情報を

無意識に探したりするようになるのです。

 

目標を紙に書いて毎朝毎晩読むことにより、

潜在意識に刷り込んで下さい。

 

網様体賦活系の効果により、目標達成へプログラムされます。

100%目標達成できます。

 

奥田将視