前からこの本は気になっていました。

今まで読まなかったのは、
ビジネスに関係なかったからです。

ずいぶん前に立ち読みした時に、
ビビッときて衝動的に買いました。

本が読みたいと思い、手元にあったこの本を手にしました。
中野信子著の「サイコパス」です。

期待していた内容とは違い、拍子抜けしましたが、
テレビでのコメントは興味深く、
本の作りとしては大衆に合わせた内容だと思いました。

これを読む前に読んだ橘玲著の「言ってはいけない」の内容とかぶるところがあり、
また「言ってはいけない」の内容が素晴らしく、
この「サイコパス」が復習のような感じになりました。
サイコパスの内容が初めての人は、読みやすい本だと思います。

 

本のタイトルがうまく、
セールスに成功した本だと思います。

これらは読者の対象をどの層に設定しているかによると思います。

私自身では、
「サイコパス」よりも「言ってはいけない」に軍配を上げてしまいます。

「サイコパス」は一般的な本で、
「言ってはいけない」は「言ってはいけない」ことに焦点を
当てたターゲットを絞り込んでいるところが本としての役割を果たしている言えます。

⇒  サイコパス (文春新書) [ 中野信子 ]

偉田 光禅

 

★ブログランキングに参加しましたので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!