大企業を再生する方法と、
中小企業を再生する方法とは異なります。

大企業では、日産のカルロスゴーンのように、
外から招聘したリーダーが大ナタを振るえば、
成功しやすいです。

カルロスゴーンが成功した理由は、
しがらみのない内部昇格の社長ではなく、
外部からきた辣腕リーダーだったからです。

つまり、情け容赦なく、
残忍にリストラできたからです。

これは首切りということではなく、
本当の意味での会社全体のリストラクチャリング (再構築)ができたのです。

贅肉を切り落として、必要のなものだけを残して、
それらを会社の経営方針、事業計画に従いながら、
再構成したのです。

カルロスゴーンは情に流されずに、
淡々と会社を再構築したのです。

その結果、会社の業績はV時回復し、
経営者の年収が数億円と高すぎると
揶揄(やゆ)されるような高額な年収を得るようになったです。

カルロスゴーンが会社の立て直しに成功したのは、
外国人だったということが大きな要因だったのです。

もちろん、
カルロスゴーン自身の能力の高さも起因します。

カルロスゴーンの成功事例から
多くの学びやヒントを得ることができます。

男なら、誰しも大企業の社長になって、
再生してみたいものですね。

できることならね。。(笑)

 

偉田 光禅

★ブログランキングに参加しましたので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!

 

 

もし、このブログを読んでつまらないと思ったら、下にスルーして下さい。
でも、このブログは「知らないよりは知っていた方がいいね!」「役立つブログだ!」
という場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」などをお願いします↓