この本によって、
一つの世界が開かれました。

成毛眞著書の「大人はもっと遊びなさい」を読みました。
この休みで、
久々に一気に読み終わりました。

成毛眞さんは、有数な読書家で、
HONZを主催している本のキュレーターです。
つまり、本のレビュアーです。

この人のすごいところは、元マイクロソフトの社長でありながら、
それが人生の全体ではなく、
一部であることを本から感じられることです。

すなわち、マイクロソフトの社長になるための人生ではなく、
気がついたらマイクロソフトの社長になっていたことです。

そして、そのマイクロソフトの社長は35歳で社長に就任してから、
あっさり10年ほどで辞めていることです。

これは有り余る自信を読書から得られていると私は解釈しました。
この人が天邪鬼であることはわかっていますが、書店でこの本を手に取りました。

そして、その日のうちに読み終わりました。

成毛眞さんの本は膨大な本を読んでいることがベースにあるからこそ、
そこから発せられる意見は、一つの真実が隠されていると思います。

数万冊を前提で、
「大人はもっと遊びなさい」という本を書いているのです。

少し期待外れなところがありましたが、
視点のユニークさは健在です。

仕事ばかりではなく、
遊びに目を向けてみることの重要性を改めて感じました。

⇒  大人はもっと遊びなさい 仕事と人生を変えるオフタイムの過ごし方 (PHPビジネス新書)[本/雑誌] / 成毛眞/著

 

 

偉田 光禅

★ブログランキングに参加しましたので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!