こんにちは、奥田将視です。

 

Amazonの新品取扱規制へのどう対応したらよいのかを知りたいですか?

 

せどりを実践する上で、様々な規制がありますね。

それを一つ一つ押さえておかないビジネスとして成り立たないので、

まずはそれをクリアする必要があります。

 

今回は1年ほど前にAmazonから新品に関する取り扱い規制が発表されました。

これからせどりや転売をする人もいると思いますので、

改めてまとめておきます。

 

それでは、「せどり転売でのAmazon新品取扱規約への対処法!」

について解説します!

 

Amazon新品出品規約について

 

2017年9月にコンディションガイドラインの変更がありました。

重要な内容でかつ、

これからせどりを実践する人のために覚え書きとしてメモしておきます。

 

変更内容は以下の通りです。

 

「新品」として出品禁止の商品

・個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品
・メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品
・Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

 

新品出品の禁止事項が増えた形になります。

影響を受けたせどらーは非常に多いのではないのでしょうか。

フリマアプリ等の個人仕入れやAmazon刈り取り流行ってましたからね!

グレーな手法ではありますが確かに稼げてる人も多かったと思われます。

 

個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品

 

これはフリマアプリ、ヤフオクで個人から仕入れた商品を新品で出品しては

ダメですよことですね。

メルカリやラクマなどのフリマアプリ仕入れが流行っていますが、

これをメインにしていたせどらーは影響を受けますね。

 

キーワードとカテゴリで絞り込んで、仕入れできる商品を見つけ、

さらにアラートかけてリピート仕入れリストを構築みたいな流れで、

理にかなった手法ではあったと思いますが・・・

 

なぜ規制されたのか

 

おそらく、偽物を販売したり、未使用でもダメージがあって新品とは思えないものを販売したりして購入者からのクレームが続出したのでしょう。

Amazonもこういったヤフオク・フリマアプリによる仕入れ手法を知っていた

という話になりますね・・・

 

メーカー保証のある商品

メーカー保証がある商品を保証が始まっている状態で新品販売は

NGということですね。

 

家電系によくあるメーカー保証になりますが、

量販店などで仕入れた場合、その日から保証が始まることがほとんどです。

 

この状態では新品出品ができないということですね。

保証印が押されていなければ大丈夫というわけではなく、

購入日から保証期間が始まっていることがほとんどなので注意が必要です。

 

Amazon新品取扱規約への対処法!

 

ほぼ新品で出品して商品説明欄に保証が始まっている旨を記載しましょう。

無視して新品出品するのはおすすめできません。

 

 

♠Amazonで仕入れた商品

 

これはAmazon刈り取りという手法ですね。

ネットショップから仕入れを行う電脳せどりでは、

メジャーな手法だったので影響を受けたせどらーも多いのではないでしょうか。

 

販売アカウントと購入アカウントが同じ場合バレて処分される可能性はある

と思います。

 

♠Amazon限定商品

 

人気商品のAmazon限定カタログなんかはかなり利益とれていたようですが、

新品出品は完全にアウトですね。

 

Amazon限定なので仕入先は必然的にAmazonになるからです。

販売しているセラーには実際に仕入先を証明する旨のメールが届いているようです。

ほぼ新品などの中古で出品している場合でもメールが届くことが

あるようなので要注意です。

 

まとめ

 

ヤフオク・フリマ仕入は「ほぼ新品」で売る、中古も取り入れる

保証が始まっている商品は「ほぼ新品」で販売する

Amazon刈り取りは「ほぼ新品」で売る

だと思っています。

 

二つ目としてヤフオクやメルカリなど他の販路にシフトしましょう。

三つ目として中古品の扱いを増やすです。

 

そのほか

  • 個人事業主からは購入できるので、ヤフオクなどでは領収書を発行してもらえるところを開拓する。
  • ヤフオクやメルカリなどで新品として売る。

 

まずは試してみてください!

 

 

奥田将視