レバレッジ効果で収入アップできる!ネットビジネス

 

こんにちは、奥田将視です。

 

常にレバレッジを考えていますか?

 

ネットビジネスは簡単に稼げるとのキャッチコピーがあります。

これは、コピーライティング的な魅せ方としては正解です。

 

でもそのネットビジネスが簡単に稼げるということの本当の意味は、

ネットビジネスはレバレッジを利かせることができるので

稼ぎやすいということになります。

 

もちろん、圧倒的な作業量をこなさないと

独立できるまで稼げるようにはなりません。

 

サラリーマンとしてプロの仕事をやっているのであれば

ネットビジネスでも同じだけ働けばプロになれるということです。

 

これは、1万時間の法則というのに当てはまります。

つまり、どのようなことでも1万時間を費やせばプロとなることができるのです。

 

 

ネットのレバレッジを活用しよう

リアルビジネスと違うのは、

ネットの場合は圧倒的なレバレッジが効くことです。

 

会社員ならせいぜい2,000万円位までが限界です。。

しかし、メルマガであれば短期間でこれが達成できる可能を秘めているのです。

 

その理由は、

1度に複数人の人にアプローチできるからですね。

 

だから、同じ作業量でもレバレッジが効きやすい

のがこのビジネスの最大の魅力なのです。

 

レバレッジとは何なのか?

レバレッジとは、テコの原理という意味ですが、

個人的には他人の時間を買うという意味だと解釈しています。

 

つまり、自分を中心に、

他人やシステムが動いてくれる状態がレバレッジです。

 

会社経営者やネット起業家はみんなこの思考なのです。

 

金持ち父さんの考え方は

「自分が働くのではなく、お金を働かせる。」

この考え方です。

 

お金を働かすというのは

お金を使って、他人の労働力やツール、システムを働かす

という意味になります。

 

自分ができる仕事量なんてものは限られているのです。

だから、人やツール、サービス、システムを買って

レバレッジを利かせて仕事量とスピードを最大化させるのです。

 

レバレッジを常に考えよう

ネットのサービス、ツール、システムは

大きなレバレッジを効かせることができます

 

その例として、以下の通りです。

 

・メルマガを配信する為のシステムは

1回で何万人の人の人にメールを送る事ができます。

 

・YouTubeは、仕組みさえ作ればを

自動で再生され集客しマネタイズできます。

 

・ブログは、仕組み次第では自動でマネタイズすることが可能です。

 

・外注に依頼することは、他人のスキルや労力、時間をお金で買っているのです。

 

わかりやすい例として、

プログラミングが必要とします。

1500円の本で勉強してやれば10年くらいでできるかもしれません。

でも、プログラマーを雇えば1週間で必要なプログラミングが完成するのです。

つまり、レバレッジを利かせることで10年が1週間に短縮されるのです。

 

このようなことがレバレッジを利かせるということです。

言い換えれば、他人の時間を買うにより、ビジネスの拡大を行うのです。

 

常に他人の時間を買う意識が重要なのです。

 

1回の作業が延々と生き続ける仕組みを

常に意識するようにして下さい。

 

そうすれば、

必ず稼げるし経済的自由を手に入れることができます。

 

奥田将視