若い頃から、

会社の経営には興味がありました。

今は、
少しずつ今の会社で経営にタッチするようになってきました。

経営者と従業員とは視点が違います。
向いている方向が違うのです。

同じ物事でも、見え方が違います。
捉え方が異なります。

責任が重くなるとプレッシャーも多くなりますが、
自分の力を試すチャンスも増えます。

やる気も湧いてきます。

今まで指示される側から、
指示する側に回るのです。

男は一度は夢見るもの。

今までずっと、
経営をしたいと思っていました。

起業家を志したのも、
会社経営をやりたかったからです。

ここにきて、ビジネス「二刀流」の可能性も出てきました。

個人事業とは異なり、いくら中小企業でも、
大企業との取引など大きなディールに携われるのは、興味深い魅力です。

組織を動かし、
会社を立て直していくのは男のロマンでもあります。

今の会社は、手の付けていないところが多く、
改善余地があります。

区画整理できていない状態ですが、
かえって自由度が高く、やり甲斐が湧きます。

手作り感がなんとも魅力たっぷりです。

甘くはないかもしれませんが、
やれる自信があります。

偉田 光禅

★ブログランキングに参加しましたので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!