企業は調子のいい時は、いけいけドンドンでいいのでしょうが、
悪い時は大きくなると小回り効かないのと、
日本では人情が絡んでなかなか首切りができません。

これは、経営者の責任でもあります。

事業のライフサイクルが終わったにもかかわらずに、
その終わった事業にしがみついてしまったことによります。

事業が成熟期になれば、
次の成長カーブを発生させる新商品の開発をしなければなりません。

それを怠った結果です。
会社や事業の寿命は、昔は60年や30年と言われました。

少し前は、15年と言われていました。
今は、10年や5年と言われます。

これだけライフサイクルが短くなれば、
経営者は次の大きな成長カーブを描く商品を開発しなければならないのです。

そうしなければ、
その会社は終わってしまいます。

この商品開発を継続的に行うことにより、
会社の存続そのものを継続することができます。

ただし、このような商品開発を継続的にできないからこそ、
企業は継続的に存続できないのです。

 

偉田 光禅

★ブログランキングに参加しましたので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!