夜になると、最近は本を読んでいます。
それも乱読で、拾い読みです。

しかも、1回以上は読んでいる本です。

つまり、再読しているのです。
これがまた楽しいのです。

本は大半は、アマゾンや古本屋等に売っていました。

がしかし、
気に入っている本は売らずに残してあるのです。

最近、頭に栄養が欲しいとふと思うので、
過去に印象に残った本の中で、
自分のマイブームの分野の本を10冊以上、
机に積んであります。

表紙が見えるように、
平積みにしてあります。

タイトルや表紙が気になるものを、
1〜3ページくらい読んで閉じます。

これがまた面白いのです。

酒を飲みながら、
ひらめきを感じた一文に出会ったら、
本を閉じるのです。

この余韻がたまりません。

ストレートのウイスキーを舌の上で
転がすような感じの読書です。

このような読み方をすると
著者の伝えたいことがビンビン響いてきます。

この良書の再読は、
極めて贅沢な読書方法です。

再読は新たな発見があったり、
理解が深まったりします。

これ以上に価値があるものがないのでは?
と思うくらいです。

本を読むときは、贅沢なひと時です。。

 

偉田 光禅

★ブログランキングに参加しましたので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!