この本はまだ読み始めたばかりですが、

非常に面白いです。

石原慎太郎さんが、
田中角栄さんの生涯を小説にしたものです。

「俺は」と一人称で書かれているために、
インタビューで自分の生涯を語っている感じで自然と引き込まれてしまします。

私自身、このようなタイプの本は初めてか久しぶりの感じで
非常に新鮮な印象を受けます。

これまでビジネス書がほとんどで味気ない本が多かったので、
人間味のあるこの本は私にとっては衝撃ですらあります。

90万部以上売れた理由がわかる気がします。

まだ、1/4程度しか読んでいませんが、得られた情報は以下の通りです。

 

・田中角栄は小学校のころドモリだったがそれを克服した。

・小学校では頭がよく、
級長を務めていた。

・父親が馬道楽で借金をしていた。

・バツイチの奥さんをもらった。

・若いころふとしたきっかけで政治の道に歩む。

・伊藤博文、大隈重信らの銅像をみて、
自分もその一角に入りたいと心に誓っていた。
大物政治家であるが知らないエピソードが満載です。

今年、数十冊の本を読んでいますが、
イチ押しの本です。

このような本が自分の世界を広げてくれるのだと思います。

⇒   https://idakouzen.com/thcd

偉田 光禅

 

★ブログランキングに参加しましたので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!