コピーライティング

インパクトが強い言葉で突き刺す5つの伝えるテクニック

 

こんにちは、奥田将視です。

 

相手の心を揺り動かす

強い言葉の作り方を知りたいですか?

 

多くの名言がそうであるように

この5つの技術を取り入れるだけで

相手の心を強く震わせて訴求率を高めることができるのです。

 

 

「心に残る強い言葉」をつくる5つの技術

・ギャップ法

・リピート法

・サプライズ法

・クライマックス法

・赤裸々法

 

それでは、1つずつ見て行きましょう。

 

ギャップ法

・「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」(福沢諭吉)

・「やられたら、やり返す。倍返しだ!」(半沢直樹)

・「私は今日引退しますが、わが巨人軍は永久に不滅です」(長嶋茂雄)

 

反対の意味の言葉を使ってギャップを作る

突き刺さるようになります。

 

リピート法

・「人民の人民による人民の為の政治」(リンカーン)

・「あわてない、あわてない。ひと休み、ひと休み。」 (一休さん、アニメ)

・「さよなら。さよなら。さよなら。」 (淀川長治)

 

単純に同じ単語を3回以上繰り返すだけ

突き刺さるようになります。

 

サプライズ法

・「チョー気持ちいい~!」(北島康介)

・「全米が驚愕した!」 (ハイウッド映画の宣伝)

・「そうだ!京都、行こう!」(JR東海のCM)

 

感情をそのまま言葉にするだけ

突き刺さるようになります。

 

クライマックス法

・「今日はみんなに私の人生から3つの話をしたい それだけだ たいしたことじゃない 3つだけだ」(スティーブジョブズ)

・「これだけは忘れないで、オレはずっと君の見方だから」

・「ここだけの話ですが、、」

 

特別感を演出するだけで

相手の心を揺さぶるようになる。

 

赤裸々法

・「唇が震えるほど、あなたが好き」

・「かーんち、セックスしよ!!」(東京ラブストーリー 赤名りか)

・「鳥肌が立つほど、感動した!」

 

自分のありのままの状況を

そのまま言葉にするだけで相手の心を揺り動かすようになります。

 

実践ください!

 

奥田将視

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です