こんにちは、奥田将視です。

 

ブランディングが十分にできていますか?

 

ブランディングとは、

共通のイメージをユーザーに持たせる手法の総称です。

 

 

このブランディングができれば

その後のマーケティングがスムーズに行うことができます。

 

ブランディングするためには、

大きく分けて以下の3つの価値があります。

 

・コンテンツの機能

・好きか?嫌いか?

・独自性

 

1つずつ確認して行きましょう。

 

コンテンツの機能

機能とは主にそのコンテンツが

優れているものか、目的に対して機能するのかかどうかです。

 

クオリティももちろん重要です。

そして、そのコンテンツを実践して

どの程度の成果が出るのかが大きなポイントです。

 

その圧倒的なコンテンツが与えることができれば

短期間でブランディングすることが可能となります。

 

好きか?嫌いか?

あなたは、ブランドをどのように感じますか?

 

実は案外に感覚的でそのブランドが好きか嫌いかで

ブランドの価値判断がされる傾向があります。

 

メシ屋さんでも「ここのメシはうまい!」だけより

「ここはメシが美味くてマスターや奥さんの接客も超良いんだよ!」

の方が、100倍繁盛するでしょう。

 

だから、大ファンになってもらうために

どのようなコンセプトメイキングをするべきかを

明確に決定しておくべきなのです。

 

コンセプトが明確になった後は、

サプライズであったり、ワクワクするような企画を行うことで

このような感覚的な価値を感じてもらうことができるのです。

 

独自性

独自性が無ければそこに価値は生まれません。

 

でも、いきなり独創的なものは

作り出すことはできないですよね?

 

その最初の手順は、まず上質なインプットをする必要があります。

 

そして、上質なインプットを過去のあなたの経験や知識と

織り交ぜて情報を再構築するのです。

 

このような方法で

無限にいくらでもオリジナルの情報を発信できるようになるのです。

 

起業家の多くはこのような方法で、

独自性のある情報発信をしているのです。

 

ブランドとは3つの価値の複合したもの

以上3つの価値の複合体で

あなた自身のブランドはらせん状に構築されていくのです。

 

実践を重視しつつ、

3つの価値を意識して頭の中で練り上げながら、

徐々にブランディングして行くのが良いでしょう。

 

奥田将視

 

 

もし、このブログを読んでつまらないと思ったら、下にスルーして下さい。
でも、このブログは「知らないよりは知っていた方がいいね!」「役立つブログだ!」
という場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」などをお願いします↓