この本「天才」は田中角栄の生き様を独白調で書いた本です。
石原慎太郎さんの文章が小気味よく良かったです。

先日、天才を読み始めてその書評を書きました。

今先ほど読み終えて、
改めて田中角栄のすごさを思い知りました。

この本を読むと日本の政治に実態や政治そのものが
どのように動いているのが如実(にょじつ)にわかりました。

この本を読むと、
今、加計学園や森友学園で細かなことをマスコミが騒いでいますが、
瑣末(さまつ)なことで大きな政治ができないことの弊害を感じます。

田中角栄が行なった政治の時期は、
高度経済成長の真っ只中であり、
日本全体が日本列島改造論を実現できるエネルギーに満ちていたこともあります。

でも、その背景を差し引いても
田中角栄の政治家の存在は異彩を放つものだと思います。

アメリカのトランプ政権のような癖があったとしても、
強力なリーダーシップが求められます。

結局、日本の政治の方向性として、
本質を見失った糸の切れた凧(たこ)のような状態を脱するには、
田中角栄のようなカリスマ性の備えた絶対的なリーダーは必要だと私は思います。

⇒  https://idakouzen.com/vtaf

偉田 光禅

 

★ブログランキングに参加しましたので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!