メルマガで読まれる文章の書き方!小学生でも分かる自分の母親が理解できる

こんにちは、奥田将視です。

 

あなたメルマガは

専門用語を多用していませんか?

 

読者さんには

「あなたが頭がいいのは分かったから

もっと稼げる方法を教えてくれ!」

と思われていますよ!

 

 

かなり難しい単語を使わない

メルマガ読者さんのターゲットにもよりますが

基本的には初心者さんにメールを書いていく方がいいです。

 

難しい専門用語を並び立てても

わかりにくくて読めません。

 

メルマガは自分より知識がない人に

情報を与えていくように心掛けていくようにしましょう。

 

ターゲットを決めたら

その人に書くイメージで書くようにしてください。

 

中学生でもわかる文章を書こう

あなたのお母さんにも分かる単語で書いたり、

自分の子供に対してでも分かるように書いたり、

難しい言葉はできるだけ避けましょう。

 

例えば、作家の中谷彰宏さんの書く文章は非常にわかりやすいですね。

私は中谷彰宏さんの本を何冊も読んでいますが、

実際にどんどん読み進めることができます。

 

その理由は、「母親に向けて書いている」とのことです。

つまり、読者が見えていて、

かつターゲットがはっきりしているのです。

だから、本が非常に読みやすくなるのです。

 

文章の流れ上、難しい言葉を使わないといけない時は

難しい言葉の意味を書いてあげましょう

 

難しい漢字は避けるか、

ひらがなか、カッコ書きで読み仮名を書いてあげましょう。

 

それだけで、十分に分かりやすい文章を

書けるようになりますよ。

 

実践ください!