こんにちは、奥田将視です。

 

本や教材の内容を行動に

変える具体的な実践方法をご存知ですか?

 

教材を行動に変えるには、とにかく本で学んだことを1つでも、

また1秒でも早く実践することに尽きます。

 

前回の動画の教材を行動に変えて成功するための技術 〜理論編〜

を読んでから、

この記事をお読み頂けるとより一層理解が深まります。

 

それでは本や教材を行動に変えて成功するための技術の実践編として、

行動するための5つのステップと

行動するを実践するためのたった一つのコツについてご説明いたします。

 

 

【STEP1】行動したい内容をピックアップし記録する

5つのステップの内、

最初に行うのは行動したい内容や項目を記録することです。

 

本の場合は、Evernoteで本を撮影して記録を残すことです。

本当は書き写したり、

本の状態で残しておいたほうがいいのかもしれませんが、

本が邪魔になるのと情報整理の手間を考えたら、

この方法にたどり着きました。

 

実は、このEvernoteは優れもので、

ニュースなどもどんどんストックしていくことに使っています。

いわゆる補助脳としてEvernoteを使っています。

 

一方、教材の場合は音声や動画が圧倒的に多いので、

iPhoneやスマホに入れて繰り返し聴くようにしてノウハウのポイントを

頭にインプットします。

 

【STEP2】クラウド上のリストに落とし込む

次に行動したいことををすべてクラウド上のリストに落とし込見ます。

そして、いつまでにやるか期限決めます。

 

ここでなぜクラウド上なのかは、

スマホやiPhoneでそのリスト持ち歩けるからです。

これは、重要なことです。

人はどうしてもやるべきことを忘れます。

正月に1年の目標を立てても、3ヶ月もしないうちに忘れてしまうのです。

 

具体的な説明としては、Macの場合はiCloudでiPhoneと同期できます。

iCloudはメモ帳や音楽、写真、動画などを各デバイス間で共有が

できるのです。

 

この場合は「これだっ!」と

思ったフレーズや「これはぜひ行動に移したい」と思った文章や

ノウハウがあった場合はすぐiCloudのメモ帳に書き込みます。

出先などの場合は、iPhoneで音声入力等でそのリストを書き込みます。

 

この時点で行動するためのリストができるのですが、

この時点で行動する期限を決めてください。

 

ここで重要なのは、期限を1週間後とかはしないようにしてください。

私の場合は、その場でやるかその日にやるか翌日にやるようにしています。

参考程度の場合のノウハウならば、

リストに入れ置くだけで頭の中で熟成させます。

必要になった時に、そのメモ帳を検索すればいいのです。

 

【STEP3】とりあえず1分だけやってみる!

第3ステップです。

とりあえず1分だけやってみます!

これが一番大事なアクションです。

いかに最初の行動を起こしやすくするのかが課題です。

本は読んでも98%の人は行動しないのですから!!!

 

だから、この時点で1分でも行動したら、成功者の2%の仲間入りです。

私の場合は、これはと思うことはその場でまずやってみます。

 

特にメンターの教えは必ずその日のうちに手をつけます。

それはメンターは自分より先に行く人であり、

成果の出ることとそうでないことは判定できており、

それらの検証も終わっているからです。

 

つまり、メンターの教えは費用対効果が高いので、やる必要があるのです。

また、実際に実践してみると結果的に効率的だと理解し納得するのです。

 

このようにして1分でもやってみたら、成功者の側の人間になれます。

もし、この時点で自分に合わないと思えば、やめればいいのです。

 

私の場合は、一度やり出すと1日が経っていることがよくあります。

それくらい素晴らしいノウハウに出会った時は行動に値する

インスピレーションが湧くものです。

 

つまり、「素晴らしいノウハウを発見した!」と思って、

ワクワクして作業してしまうのです。

 

そのワクワク状態が続くと、作業が止まらなくなります。

毎晩飲んでいた酒を飲まなくなりました。

 

これは、作業やアウトプットをすることにより、

アドレナリンが分泌して興奮状態になるのです。

このような状態になると次から次へといろんなアイディアが

出てきて楽しくなってくるのです。

 

つまり、1分だけノウハウを行動してみることが、

成功者の側の人間になる切符をつかむことだということです。

この1分だけの行動ができる人は上位2%の人間です。

誇りに持つべきですね。

 

【STEP4】行動を習慣にするために21日間続ける!

次のステップは、習慣化にするためには21日間続けることです。

行動をゼロにしない!ことが重要です。

一日1分でもいいから行動するようにしてください。

 

ここはしんどいかもしれませんが、毎日1分だけ行動してください。

そうするとだんだん鍛えられてきますね。

 

【STEP5】エッセンスを抽出して毎日見る!毎日聴く!

第五のステップは、

エッセンスを抽出して毎日見る!毎日聴く!ことです。

 

これSTEP1で実行したEvernoteの写真を眺めることや

STEP2のリストを眺めること、

そしてiPhoneやスマホの音声や動画を繰り返し聴くことですね。

 

このことによりノウハウは血肉化するのです。

 

行動を習慣化するたった一つのコツ!!!

それは、「毎日必ず、する行動」前後にその行動を入れることですね。

これは行動を習慣化するのには最強のマインドセットです。

 

私の場合は、毎朝起きたら順番を決めてその通りに行動しています。

順番は、以下の通りです。

1)4時か5時に起きる

2)パソコンをつける

3)顔を洗う

4)歯を磨く

5)野菜ジュースを飲む

6)アウトプットする(作業)

 

このことにより、6番目の作業が習慣化するのです。

この方法は絶品です!!!

 

また、イチローの例では、

試合や練習の合間に屈伸運動や柔軟体操をしています。

彼は、体が硬いからとのことを言っていますが、

屈伸運動により次へのアクションの準備になっているのです。

このような行動の習慣化がイチローを大リーグでも屈指の大リーガーにしたのです。

見習うべきことだと思います。

 

耳からノウハウを脳に伝えて行動に変える!

「毎日必ず、する行動」前後にその行動を入れることを促すのに

適した方法は、耳からの学習です。

 

つまり、右脳を活性化させて、潜在意識に身を委ねるのです。

そうです。自分以外の大きな力に自分の目標や行動すべき内容を託すのです。

そうすることにより、

寝ても覚めても潜在意識が自分のやりたいことをサポートし続けるのです。

 

いわば、耳からの学習をするということは、

脳という潜在意識の検索システムでノウハウを学ぶことで

自分の目的やゴールといったことを勝手に探し出してくれるのです。

 

このGoogleよりも巨大な検索システムを使わない手はありません。

 

ここまで一気に書き上げました(2時間)が、これが行動するノウハウそのものです。

頭の中で浮かんできたことをひたすらタイピングするだけです。

 

これがまさしくノウハウを行動することそして本当の意味での

成功するトップ2%に入ることになるのです。

 

実践ください!

(実践したら2%の仲間入りですよ。。)

 

奥田将視