こんにちは、奥田将視です。

 

DRMを知っていますか?

 

DRMダイレクトレスポンスマーケティングとは、

「関係性構築ビジネスを作るための仕組み」のことです。

 

 

 

平たく言えば、

無料のプレゼントをばら撒きそれに反応した見込み客に対して、

マーケティングを行っていく手法です。

 

例えば、街中でポケットティッシュをバラ撒いています。

これは、ポケットテッシュに入っている広告を見て

電話を貰ったり来店して反応してもらうことで

販売までの流れを作っているのです。

 

ちなみにレスポンスというのは、反応という意味です。

 

DRM:3つの構成

DRMは3つの構成で成り立っています。

 

・集客

・教育

・販売

 

集客について

集客は、これから販売しようとしている商品に関係のあるものを

無料プレゼントという形でばら撒きます。

 

つまり、無料プレゼントをすることにより

商品に興味ある潜在的見込み客を集客しているのです。

 

この時に、見込み客情報を取る必要があります。

一般のDRMでは、以下の4つが一般的です。

 

・電話番号

・名前

・住所

・メールアドレス

 

また、ウェブマーケティングでは、「メールアドレス」

なお、「名前」まで獲得するのがベターですね。

 

「メールアドレス」と「名前」を入力してくれたら

代わりにプレゼントを渡すというスタイルです。

 

これらには、メルマガのシステムを使えば

簡単にプレゼントを渡す仕組みができますね。

 

 教育について

教育は、電話(DM)や訪問、メールなどで行っていきます。

 

Web上で効率的な方法はメールを使うことですね。

 

 

以下の手順で教育していきます。

  • 潜在的な見込み客に対して商品の購入の必要性を教育していく。
  • 見込み客の潜在的な問題点を認識してもらう
  • 問題点を解決する必要性を感じてもらう
  • 最終的に問題点を解決したいと思ってもらえるように教育する
  • 見込み客の問題点を解決する為に必要なツールがあることを伝える

 

 

この時点では見込み客は、とにかく問題点を

解決したくてたまらない状態になっているのです。

 

販売について

次に、販売です。

 

この頃には、見込み客はその商品が

欲しくて欲しくてたまらない状態にあります。

 

緊急性、限定性、そして希少性を演出すると

購買意欲をさらに高めることができます。

 

DRMはメルマガと相性が非常によい

DRMはウェブと相性が良く、

メルマガとの相性は抜群によいのです。

 

メルマガは電話営業のようにわざわざ1人1人と

コンタクトを取る必要はなく、

1通のメールで1000人とか10000人に

情報を発信することができるのです。

 

つまり「DRM」×「メルマガ」の組み合わせ

最強のマーケティング手法なのです。

 

奥田将視