この本は、原作名はティッピングポイントです。

こちらの言葉の方がよく知られているかもしれませんね。

私がこのティッピングポイントという言葉を知ったのが、
対談セミナーであの「ユダヤ人大富豪」の著者の本田健さんが語った時が初めてです。

この時の言葉が今でもよく覚えています。

「ネットワークビジネスでは、
感情がフラットで情報がそのまま伝わる方が良い。
売るぞ〜という熱意のある人は
その人は神通力があるがネットワークビジネスでは成功しない。
成功するのは、
人間的に魅力がありどこか抜けているような人で
7代目、8代目でスターが生まれる。
このスターはティッピングポイントのコネクターと呼ばれる人で・・・。」

というような話の一説に、
ティッピングポイントという言葉が非常に印象的でした。

 

なので、本を取りました。

印象に残ったキーワードは以下の通りです。

・ティッピングポイント=すべてが一気に変化する劇的な瞬間
・社会をつなぐコネクター
・繰り返しの効果
・150の法則
・うつ病と禁煙
・限られた資源を一点に集中させ、一気に投入すること

日本の本ではこのレベル以上の本は
なかなかお目にかかることはありません。

この著者の視点は素晴らしく、
ネットビジネスを行うにも十分役立つ内容です。

⇒   https://idakouzen.com/q8go

偉田 光禅

★ブログランキングに参加しましたので、ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みのため、とても励みになります!

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

なお、いいね!と違って、クリックしたことは誰にもわかりませんしID等も不要です!